成功者に学ぶマイルール作り

【このテーマの要点】

■ ある程度の経験が必要となる
■ ルールが無ければ、勝つことはできない
■ ”短期””中期””長期”の投資期間を決める
■ 自分に最適な相場分析手法を見つける
■ 自分のリスク許容度を把握する

投資期間を決める

自分の仕事、生活パターン、投資額、取得できる情報を分析し、投資期間を決めます。

短期取引

1日中頻繁に取引を行い、目標とする値幅を小さくし、その分数多くの取引をこなす手法です。
値幅が小さいので、ある程度取引が大きくないと収益も小さくなります。
1日中取引するので、長い時間を為替市場に割ける人向きです。

中期取引

数日から1週間単位で取引を行い、経済指標やニュースに注目し売買を行う手法です。指標などの材料に反応した値動きは、この期間で多く起こります。
短期取引に比べるとレバレッジは低くなります。常に取引をチェックする必要はなく仕事をもつ一般の人向きです。

長期取引

数ヶ月から年単位で取引を行い、レバレッジを抑えて、利子、配当による収益を狙う手法です。レバレッジは2倍程度に抑え、評価損による取引が行えなくなるのを防ぐ必要があります。 値動きにより大きな損が出る可能性があり、かなり資金に余裕のある人向きです。

相場分析手法

短期取引が中心の時、日々のニュースや経済指標に関心を払い、瞬時の動きに対応することが重要になりファンダメンタル分析の知識が必要です。

長期取引が中心時でも相場の大まかな流れをつかむのにファンダメンタル分析が有効ですが、どこで損益を確定させるかの判断にはテクニカル分析が有効です。

リスク許容度

リスク許容度には、資金面と心理面があります。 FXは生活に影響のでない資金で行うことが理想です。

短期取引時、相場の流れに乗れば、それ程評価損をうけず目標までいく可能性がありますが、長期取引時は目標が大きくなる分、ある程度の評価損を覚悟する必要があります。

いくらの利益を得るのか、いくらの損失が出たところで反対の売買をするのか決めておくとよいでしょう。

損失がでた時も、最小の損失に抑える為の損切りのルールも考えておきましょう。

スポンサードリンク