塩漬け&ナンピン

【このテーマの要点】

■ 塩漬けとは、評価損状態のまま損失を確定せず放置すること
■ ナンピンとは、平均コストが有利になるよう追加売買を行うこと

塩漬けとは?

評価損が出ている取引を損失を確定させずに利益が上がるまで放置しておくという取引手法です。
しかし、FXではレバレッジを利かせ元の投資金額以上の金額を投資できます。

そのため、ある程度損失が大きくなった時点で、自動的に取引が終了されてしまいます。

自動終了を避ける為、追加資金を投入する多額投資、多額損失の危険が高まり塩漬け手法はあまり好ましくありません。

ナンピンとは?

行っている取引のコスト改善の為、さらに下がった価格で追加購入し、平均コストを下げる取引手法のことをいいます。

例えば、1ドル120円の時に1万ドル買い、その後、1ドル110円に下がったとします。

110円でさらに1万ドル買いトータルを2万ドルにし平均のコストを115円に下げるといったものです。

120円まで値が戻ることは難しいけど、115円なら期待が持て損失を補える可能性が出てくるのです。

スポンサードリンク