スワップポイントの魅力

【このテーマの要点】

■ 長期投資で金利差(スワップポイント)で利益を得る

長期投資で金利差(スワップポイント)での利益

銀行にお金を預けると毎年金利を受け取る事ができますが、この利回りは国によって異なります。
その差を金利差(スワップポイント)といいます。

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うとこの差分だけ金利を受け取る事ができます。 価格変動で利益を得ることが本道ですが、日本は他国に比べ金利が低く長期間に渡って持ち続ける場合、損をするリスクが低くなり大きな意味を持ちます。

ただし、通貨のどちらかの利益水準が変われば金利差(スワップポイント)も変わり、期待通りの利益を得られないというリスクとレバレッジ(取引額の比率)にかなりの額を投資した場合、非常に大きなリスクを伴うので注意は必要です。

スポンサードリンク